アラフィフ、専業主婦、結婚16年。子なし。



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

菜月

Author:菜月
「夫婦ふたり暮らし」
アラフィフ、子なしの専業主婦です。
趣味は、旅行で、好きな食べ物は、
お寿司、焼き鳥、焼肉です。

よかったらいつでもコメントください。
お返事は、コメントくださったブログの方へ
入れさせていただきます。
何卒ご了承ください。


にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


母と感謝

   
今までなんとなく苦手だなぁと思う人がいたんですが、
ここ最近なぜか私に接する態度が変わってきたように思います。
よって、あまり苦手意識を感じることがなくなりました。

私の周りで「この人、徳を積んでるな!」って思う人が何人かいて、
そういう人たちに接するたびに、感謝しなくちゃ!って感じることが
多々あるんですよね。
本来は、感謝というものは、しなくちゃいけないと感じるものでなく、
心の奥底から湧いてくるものみたいなんだけど・・・。

こんなことを書いては、何を書いてるの!?と思われるかもしれませんが、
事実を書きます。

実は、昨年末、母が亡くなった時、私は今まで感じたことのない
「幸福感」を味わいました。
悲しいはずの落ち込むべき時期なのに、こんなこと感じる人って、
他にいないと思いますが、私はなんて薄情な人間なんでしょうか。

自分なりにその原因を考えてみると、
お金の話をして本当にいやらしいんですけど
母がかけていた生命保険金の受取人がほとんど私名義になっていたんです。

私に子供ができる予定で、跡取りとしてかけてくれていたようなんですが、
それを知った時、本当に本当に母からの「愛情」というか、
母から託された「責任」という重みを感じました。
(また、保険金の金額もそれなりに大きな金額でした。)

そして、亡くなる直前は、酸素マスクをつけて、物も食べられず、
水も飲めず、ただ呼吸をするだけで、とても苦しそうな状態でした。
そんな苦しい状態に終止符を打てたことも、
あー、これでお母さん、楽になったねって正直ホッとした安堵した気持ちもあったと思います。
それは、妹なんかも一緒だと思う。

けど、なんだろう。
この時感じた幸福感は、母の子に産まれてきてよかったと
初めて心から感謝できたことにつながるのかもしれません。
悲しみより幸福感のほうが勝るなんて、ホント私はおかしいですが。

今まで、妹ばっかりという気持ちがどうしてもあって、
母に対しては、好きだけどキライみたいな、本当はもっと愛情表現してほしかったなって
複雑に思うところがあり、生前中は心の底から感謝できていなかったんだと思います。
実際、母から「あんたは、感謝の気持ちが足りんのだわ。」っと直接言われたことありましたし。

母は、本当は私のことどう思っていたんだろう。
とっても知りたいことの1つですが、前に妹が亡くなった人のメッセージを届けてくれるという
霊媒師じゃないけど、そんな人からメッセージを受け取ったことがあるんですが、
母から私へのメッセージは、
窮屈な思いをさせたかもしれないけど、それはあなたを守るためだったのよ。
これから先、苦しいことがあるかもしれないけど、大事な人と力を合わせて頑張ってね。
みたいな内容でした。

母が亡くなって、もうすぐ8ヶ月。
悲しみも少しずつ癒えてはきましたが、仲の良い義母と義姉やデイケアのメンバーさんの
家族のお話を聴くと、やはりとってもうらやましいです。
まだまだ母にしてあげたいこと、いっぱいありました。

今日は、実家の家族が集まって、みんなでお経を読んで、お墓参りに行きたいと思ってます。
なかなか母を近くで感じることは難しいけれど、
1日1日感謝して、毎日過ごしていきたいと思います。














| comments(1) | - | page top |
はじめまして
ブログの足跡から参りました。
私は看護師をちょっとだけやっていたことがあって、看護学生の実習で終末期・在宅看護の実習がありました。そして私は親に虐待された子です。だから、菜月さんのお気持ちを想像することができました。うまく言葉では表せないんですけど。もしかしたら想像と違うのかもしれませんが(>_<)
そのお気持ち、大切になさってくださいe-446


<< NEW | TOP | OLD>>